筆記?実技?声優専門学校の入学試験の内容とは?

一般的な専門学校で行われる筆記試験

高校卒業後にまだ学びたいとき、大学、短大、そして専門学校などから選択をします。大学や短大はそれなりに厳しい入学試験があり、試験の結果によっては不合格になる可能性があります。専門学校は、大学より入りやすくなっていて、申し込めば誰でも入れる学校もあります。声優の専門学校に入学したいときはどんな入学試験があるかですが、まずは筆記試験があります。筆記試験といっても落とすためのものではありません。ただ、わからないからと言って白紙で出すと入学が拒否される可能性があります。間違ってもいいので、努力をして問題を解いた足跡を残すようにしましょう。科目もそれほど多いわけではなく、国語と英語、一般常識等の試験が多いでしょう。

声優の学校では実技試験があるか

声優になりたいなら、声優の専門学校への入学を検討しましょう。専門学校にはいくつかの種類があります。多くの生徒を抱える大規模な学校もあれば、少人数でレッスンを受ける教室のような学校もあります。比較的簡単に入れるのは大規模な学校です。入学時の実力はあまり求められず、学びたい気持ちがあれば誰でも入学できます。一方、少人数の学校は養成所のようなところです。単にやる気があるだけでは入学できず、それなりに実力がないといけません。いくつかの段階の試験が用意されていて、その中には実技試験があります。当日に渡されるセリフを実際に読む試験です。もちろん棒読みなどだと不合格になります。大きな声ではっきり発するといいでしょう。

© Copyright Perform Acting. All Rights Reserved.