声優になりたい人必見!オーディションで勝ち抜く方法

自分の声質を理解しておく

声優になるために、手当たり次第にオーデションを受けるというのも一つ方法ではあります。ただ、はじめから受かりそうもないオーデションにチャレンジするのは、時間の無駄とも言えます。そこでまずは自分の声質を理解して、どのような役なら合格しやすいのかを検討してみるのが良いでしょう。 少年や少女のキャラクターが向いているのか、それとも成人か老人なのかといったことがわかるだけで受けるべきオーデションが見えてきます。自己分析するのが難しいのであれば、一度声優の養成所に通ってみるのも良い方法です。声のトレーニングを指導してもらえるだけでなく、客観的にどのような声優の仕事が合うのかのアドバイスをしてもらる場合が多いです。

声以外の付加価値も大切です

一昔前なら、声優というとアニメのキャラクターのアフレコが主な仕事でした。他にも映画の登場人物の吹き替えや、ナレーションといった仕事を任される場合も珍しくありません。
しかし、最近では歌えるというのも、声優のオーデションでは大きなアドバンテージになっています。アニメの主題歌を担当するのはもちろんなのですが、まるでアイドルのようにコンサートを開催することもあるからです。そのためしゃべるトレーニングだけでなく、滑舌や腹式呼吸などもやっておくとオーデションに受かりやすいです。
それから言葉に関しての知識や技術があるとなお良いです。具体的には正しいイントネーションで話すことができる、台本を読んだ際の読解力に長けているといったことです。

© Copyright Perform Acting. All Rights Reserved.